2016年02月18日

コンビニおにぎり

「コンビニのおにぎりはおいしい」という声をよく聞きます。
しかし、おすすめできない製品が多いのです。
人気の高い明太子やたらこのおにぎりは、発色剤の亜硝酸Na(ナトリウム)が使われています。
明太子やたらこが黒ずむのを防ぐためです。
亜硝酸Naは毒性が強く、さらに魚卵に多くふくまれるアミンという物質と結びついて、ニトロソアミン類という発がん性物質に変化します。
とくに胃の中でニトロソアミン類ができやすいことがわかっています。
このほか、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、着色料、酸味料なども使われています。
これらの添加物によって胃の粘膜が荒れたところに、ニトロソアミン類ができて作用すれば、細胞がガン化する確率は上がるでしょう。
もし、どうしてもコンビニのおにぎりが食べたいときは、鮭や昆布のおにぎりなど添加物の少ないものを!

--------------------------------------------
著者名:渡辺 雄二 様
出版社名:大和書房 様
「食べてはいけないもの」「食べていいもの」添加物
を参考・引用しました。
--------------------------------------------
posted by 渡辺誠一郎 at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | お米について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174109311

この記事へのトラックバック